アクセス

周辺地図

株式会社 行楽花
〒327-0323 栃木県佐野市戸奈良町1491
TEL/FAX 0283-62-8100

当店にお越しの際は、Google マップではなく下記地図をご利用下さい。Google マップでは正確な道が表示されません。


周辺地図

アクセス

自動車の場合

自動車の場合


☆北関東田沼インター    10分


★足利フラワーパーク
(行楽花より車で15分)
〒329-4216 栃木県足利市迫間町607
TEL:0284-91-4939
http://www.ashikaga.co.jp/

季節は、それぞれの景色、表情を写し変えていきます。
花や木はその舞台の主役です。
あしかがフラワーパークは、花や木を通してその季節感あふれる庭を園内につくりこんでいます。

ここには藤の花という支柱があります。
うすべに藤、むらさき藤、白藤、きばな藤、開花を少しずつずらしながら、その絵巻物語を演じつづけます。

 

☆出流原弁天池        5分


★道の駅どまんなかたぬま
(行楽花より車で10分)
〒327-0313 栃木県佐野市吉水町366-2
TEL:0283-61-0077
http://domannaka.co.jp/

道の駅。
旬の朝穫れ野菜が手に入るため地元の方たちも多く訪れます。さらに評判なのが“日本の真ん中に物を集めよう”というコンセプトで取り寄せた全国各地の名産品。そして遊園スペースには「どまんなかミニSL」が走り、本格中華料理店「花と華」では道の駅とは思えない「ふかひれの姿煮」まで食べられます。2011年の秋はリニューアルを予定。日本の中心の進化が止まりません。
 インターから近いので都心からのアクセスも◎

★唐沢山城跡
(行楽花より車で20分)
〒327-0801 栃木県佐野市富士町1409(唐沢山神社)
TEL:0283-24-1138(神社)
TEL:0283-23-1939(レストハウス)
http://www.karasawayama.com/

佐野市の中心部から北側に位置する唐沢山。その山頂には、関東七名城のひとつにも数えられる山城の城壁跡が残ります。かつての本丸があった唐澤山神社に祀られている藤原秀郷は、佐野の街にとって重要な人物。平安時代に下野国(現 佐野)を統治し、この地の発展に尽力しました。

★佐野プレミアム・アウトレット
(行楽花より車で20分)
〒327-0822 栃木県佐野市越名町2058
TEL:0283-20-5800
http://www.premiumoutlets.co.jp/sano/

アウトレットモール。
北関東を代表するショッピングスポットです。東京ドーム約4個分の敷地に175店舗が集結。その中にはオンリーショップも出店しています。

★足利学校
(行楽花より車で25分)
〒326-0813 栃木県足利市昌平町2338
TEL:0284-41-2655
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/site/ashikagagakko/

足利学校は、日本で最も古い学校として知られ、その遺跡は大正10年に国の史跡に指定されています。

★佐野厄よけ大師
(行楽花より車で15分)
〒327-0015 栃木県佐野市金井上町2233
TEL:0283-22-5229
http://www.sanoyakuyokedaishi.or.jp/

正式名は「春日岡山 転法輪院 惣宗官寺(かすがおかさん てんぽうりんいん そうしゅうかんじ)」。関東三大師のひとつで、お正月には100万人を超える参拝客が訪れます。厄よけ祈願料は3千円~5万円。まずは待合室でお茶を飲み心を落ち着かせ、住職が般若心経を始めたら心で願いを唱えます。いつ・どこで・だれが・なにをして・どうなってほしいかを細かく祈願。護摩の炎を焚き不動明王をよびだし、その後は護摩の煙で体とお札のお祓いをします。最後は不動明王に合掌した後、丁寧に一礼して終了。頂いたお札は南と東の間の方角に向けておきましょう。


 佐野市に来たら、森の中の隠れ家【行楽花daining】でゆったりとした時間をお過ごしください。